まず100人に聞けば何かが見えてくる

 

 まずは「あたりをつける」。そのためには少し聞いてみるのが一番です。

「石を落してみれば、井戸の中に水があるかどうかがわかります」

 

 知りたいのは「どのくらいの数の人が興味を持っているか」ですか?

 母集団からサンプルを抜き出して調査するアンケート調査ではサンプル数が大きくなければその数字の精度は高まりません。アンケート調査の結果の数字は、その後の市場予測の計算の元になるかもしれませんが、サンプルへのアンケート結果です。

 本当に知りたいのは「興味を持つ人がいるかどうか」ではないのですか?

 ある商品やサービスの提供を考えるとき。まずは、ひとりでもふたりでも興味を持ってくれる人がいるか。どう変更すれば興味をもってくれるか、ということではないでしょうか。

 100人に聞いて、10人も「Yes!欲しい!」と答えた人がいたとしたら、それが市場の10%とは言えなくても0%ではないということです。

 
 

 まずは100人に聞いてみませんか?